クレンジングバームの特徴とは?オイルなど他のメイク落としとの違いも解説

最近になって人気が高くなっているメイク落としがクレンジングバームです。

クレンジングバームとは、固形のクレンジングで肌に乗せると溶けてオイル状に変化するクレンジングのことです。

肌に乗せるとスルンとメイクが落ちるという特徴があります。

メイク落ちが良い上に保湿力が高いことから人気になっているんですね。

CMにもなっているDUOやルルルンなどが定番ですが、それ以外にも次々と新商品が発売されています。

クレンジングはオイルタイプやクリームタイプ、ジェルタイプなど様々なテクスチャーがありますが、その中でもどうしてクレンジングバームが人気なのか、この記事ではその特徴や強みについて解説します。

クレンジングの種類と特徴についての比較早見表

まずはクレンジングの種類についてまとめてみました。

種類 洗浄力 洗いあがりの保湿力 特徴
クレンジングオイル 洗浄力が高い

さっぱりした洗いあがり

刺激がやや強い

クレンジングバーム 洗浄力が高い

洗いあがりがしっとり

オイルタイプより刺激が少なくマイルド

クレンジングミルク 洗浄力はマイルド

肌に優しく敏感肌におすすめ

クレンジングクリーム 洗浄力は普通

クリームなのでしっとりする

肌に優しい

クレンジングジェル 商品によって違いが大きい

ホットクレンジングも人気

クレンジングウォーター 洗浄力が高いがやや刺激になりやすい
クレンジングシート ふき取りタイプで時短に便利

摩擦になる場合がある

クレンジングと一言で言っても種類によって全然特徴は違ってきます。

一般的に洗浄力が高いのはオイルタイプですし、敏感肌に優しいのがミルクタイプとされています。

ただ、最近のクレンジングはオイルタイプでも刺激があまり出ないものやミルクタイプでも洗浄力が高めのものなどが発売されていて、商品のクオリティも年々上がってきています。

数あるクレンジングの中でも近年、人気になってきているジャンルがクレンジングバームなんですね。

クレンジングバームが人気になっている理由とは?3つの強み

数あるクレンジングの種類の中でどうしてクレンジングバームが人気があるのか、ここでは3つの強みについて見ていきたいと思います。

1.洗浄力が高くメイク落としとしての機能が高い

まず、一つ目がメイク落としとして洗浄力が高いことがあげられます。

ミルクなど洗浄力が弱いタイプのクレンジングだとアイメイクが落ちなかったりしてゴシゴシすることで余計に摩擦になることもあります。

ですが、クレンジングバームはファンデーションやリップなどはスルンと一撃で落ちますし、アイメイクも綺麗に落ちるものが多いのが特徴です。

ウォータープルーフタイプのマスカラもよく落ちるのでメイクが落ちないストレスが基本的にありません。

なんだかんだでクレンジングはメイク落としとしての機能が大事だという女性が大半ですから、人気が出るのが頷けますね。

2.洗いあがりの保湿力が高い

クレンジングバームの大きな特徴が洗いあがりの保湿感です。

オイルクレンジングなどは突っ張ったり乾燥することが多く、すぐに化粧水をつけないとカサカサになってしまうなんてことがありますよね。

その点、クレンジングバームは洗いあがりがもっちりしているのですぐに突っ張ってしまう人や乾燥肌・混合肌の人にも人気があります。

3.毛穴の奥まで浸透するので美容効果が高い商品が多い

クレンジングバームは成分が浸透しやすいという特徴があるので、美容成分が配合された商品が多いです。

そのため、くすみへの効果が高いものや毛穴引き締め効果が高いものなど、肌悩みにアプローチしてくれるものがたくさんあるのが特徴になっています。

当サイトでおすすめしているメリフバームクレンズも導入液+クレンジングの働きがあることで美容効果が大きいのが強みです。

クレンジングバームと他のクレンジングと比較したときの強み弱み

ここまではクレンジングバーム単体で見た強みについて解説しましたが、他のクレンジングと比べてどういう特徴があるのか見ていきましょう。

クレンジングオイルとの比較

一般にクレンジングオイルはメイクがよく落ちるのが強みになっています。

その代わり、肌が突っ張りやすかったり、刺激が強かったりして敏感肌や乾燥肌の人は合わないことが多いのです。

その点、クレンジングバームはオイルと遜色がないくらいメイクが落ちる上に、洗いあがりがもっちりしているのが強みになっています。

刺激もオイルに比べると弱いので敏感肌でも比較的使いやすいのが特徴です。

クレンジングミルクやクレンジングクリームとの比較

ミルクやクリームタイプのクレンジングは肌に優しく保湿感があるという強みがあります。

一方で洗浄力が物足りないものが多く、アイメイクなどが落ちにくい商品が結構あります。

その点、クレンジングバームは保湿感がありながらもメイク落としとしても優秀なのでミルクやクリームよりも人気が高くなっているんです。

クレンジングウォーターとの比較

クレンジングウォーター(リキッドクレンジング)は洗浄力が高いですが、刺激も強めなのが特徴になっています。

また、突っ張りやすいのもデメリットです。

ですので、敏感肌の人は合わないことがあるんですね。

その点、クレンジングバームは同じくらいの洗浄力がありながらより肌に優しく保湿感がある仕上がりになります。

クレンジングジェルとの比較

クレンジングジェル自体が商品によってかなり特徴が異なるのでひとくくりでは比較しにくいところがあります。

ただ、ジェルに比べるとより洗浄力が高く、洗いあがりの保湿感は高いことが多いです。

ジェルも肌に密着するので毛穴ケア効果が高いですが、クレンジングバームも美容効果が高いので、どちらかというとクレンジングバームのほうがおすすめです。

クレンジングシートとの比較

ふき取りタイプのクレンジングシートはどちらかというと出先などで時短でメイクを落とすのにおすすめのアイテムです。

ふき取る分、摩擦が起こりやすい上に美容効果などは期待できません。

ただ、お出かけ用に持っておくのもおすすめです。

クレンジングバームでおすすめのアイテムとは

クレンジングバームはCMでも人気のDUOクレンジングバームや、ルルルンクレンジングバーム、韓国コスメのinkクレンジングバームなど色々な化粧品があります。

私も色々なクレンジングを使ったのですが、一番おすすめなのがメリフバームクレンズです。

オレンジ色の華やかな見た目でとろんと溶け込みメイクがよく落ちるし、何よりも美容効果がとても高いのが嬉しくなります。

値段もDUOと同じなのにDUOより洗いあがりはうるおい感があるし私自身が愛用しているクレンジングです。

ですので、悩む場合はまずはメリフバームクレンズを使ってみてください。